うつになる前にこまめなチェックでうつ病予防を

婦人

うつの原因をチェック

カウンセリング

主な原因はストレスにあり

なぜ人はうつ病になるのか。実はその原因ははっきりしていません。ストレスが影響していることが非常に多いですが、他にも睡眠不足や偏った食生活などの不摂生、遺伝も関係しているといわれています。つまり、これら1つでも思い当たるフシがある場合、うつ病のリスクは高くなっているということです。中でも恐ろしいのが、ストレスです。ストレスによる影響は、不眠や食欲減退などを招くおそれがあるため、うつになるリスクが非常に高くなってしまいます。また、不摂生な暮らしは一見ストレスとはあまり関係なさそうに見えるのですが、運動不足や睡眠不足、偏った食生活は無意識の内にストレスを溜めてしまうものであり、ストレスのせいでますます生活が不摂生気味になるという悪循環が発生してしまう恐れがあります。うつ予防のためには、普段の生活に問題がないかどうかチェックしましょう。ストレスチェックは、心療内科のサイトでできます。チェックリストに書き込むだけで、自分でも気づかぬ内にストレスが溜まっていたこともわかります。

お仕事が原因?

現代社会で最もストレスが溜まる要因が、お仕事です。社会生活においては人間関係やノルマ、拘束時間など無意識の内にストレスが溜まる要因が多く、仕事が原因でうつになったという人は多いです。その結果、仕事でミスが目立つようになり、作業効率が悪くなってそれが原因で叱責されることが増えてしまうでしょう。また、自分が情けなくなり、余計に仕事が手につかなくなるといった悪循環が続くと最悪の場合、うつが発症してしまいます。対策としては、ミスが無くなるように、事前にチェックする癖を身につけることです。作業時間が余計にかかると思うかもしれませんが、実際にはチェックしてミスを減らしたほうが時間はかかりませんし、何より上司に怒られる頻度が減るのでストレス軽減に役立ちます。

解消するためには

解消方法として、運動があります。運動をすることでストレスは減少する傾向があります。といっても、きついトレーニングをする必要はなく、軽い適度な運動を一日30分程度から始め、軽く汗をかく程度でも十分ストレス解消効果は期待できます。また、運動をすることで食欲増幅や眠りやすくなるなど、様々なメリットもついてきます。他にも、趣味に没頭することで人はストレスの軽減が可能です。しかし、細かい作業など場合によってはよりストレスがたまりやすい趣味もあるのでお気をつけください。